独身で生きる女性の医療保険の選び方

医者
一人で生きる女性の場合、収入面などから
不意の病気などにかかってしまうと医療保険に入っていない場合金銭的に厳しくなってしまうことがあります。

とはいえ保険に入るには定期的にお金がかかってしまいます。

そこで今回は独身で生きる女性がどういった点から医療保険を選ぶと良いのかについてまとめてみました。


1.入院保険を充実させる

何か病気で入院をする必要になった時に金銭面で助けになるのが入院保険です。
男性と比較してどうしても収入面で低くなってしまいがちな女性の場合
こうした大きくお金がかかってしまう場面を想定して
入院保険を充実させることが重要です。

入院した場合に日額1万円を超えるような保険にしておくと
何かあった時にも安心することができます。

2.終身保険を選び、何があっても大丈夫にする

保険の期間は10年、20年といった契約からの期間での契約や、
40歳、60歳といった様な一定年齢で区切る保険、更には一生涯を保障する終身保険などが存在します。

そのようなたくさんある保険の中でも
年収などで不安がある独身女性の場合は、
老後の貯蓄額などを考えて終身保険を選択することをお勧めします。

大きな病気や事故によって入院をしてしまう時に
終身保険にしておけば一定の安心感を得ることができます。

3.入院給付期間は60日あたりがオススメ

入院給付の上限期間は長ければ長いほど安心ですが
その分保険料も高くなってしまいます。

そのため安心感と保険料のバランスを考える必要がありますが
独身女性の場合は30日以上の期間を考えることをお勧めします。

厚生労働省の調査によれば30日以内に退院する方の割合は
80%前後あり、30日を上限にしていれば大体の入院はカバーすることができます。

ただもちろん大病などにかかってしまうと
もっと日数がかかってしまうこともありますので
その辺りの部分は考慮しておいた方が良いでしょう。

独身で生きる女性の医療保険の選び方に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.