医療保険は結婚する前に加入することがオススメ

独身女性といっても、年齢はさまざまです。
結婚せずバリバリ働きたい方もいれば、数年後に結婚をする予定の方もいるでしょう。

医療保険を考える上で、実は結婚、出産がキーポイントになります。


医療保険は妊娠・出産前に加入しましょう

医療保険は妊娠発覚後加入できない商品がたくさんあります。
しかし、中には妊娠27週以内なら加入できる商品もあります。
たくさん保険商品を扱っている保険ショップで、妊娠中でも加入できる保険はありませんか?と相談してみると良いでしょう。

出産は医療保険の対象になるのか?

正常分娩は、医療保険の対象にはなりませんが、帝王切開、切迫流産、切迫早産、子宮外妊娠、異常分娩は医療保険の対象になり、入院、手術給付金が支払われます。
もちろん健康保険は効きますし、高額療養費制度も利用できますが、流産などは女性にとってもとてもデリケートな事態ですので、個室を利用したいと思われるケースも多いでしょう。
妊娠・出産は病気ではありませんが、安静のため入院するケースが結構多いです。
また、子宮頸がん、子宮筋腫、卵巣がんなどは、妊娠発覚時や不妊治療開始時に発見されることが多いです。

妊娠中・妊娠後の医療保険の保障内容について

医療保険は、保険会社によって加入できる商品もあります。
ただし妊娠中の医療保険の加入条件は、保険会社によって異なっています。
妊娠後の加入については、妊娠前に比べて加入条件が厳しくなっています。

妊娠後に医療保険に加入する場合、ほとんど「特定部位不担保」の条件付での引き受けになります。

例えば、不担保期間中(1年間など)に、
子宮などに関した病気(子宮がんや子宮頸がんなど)の治療や妊娠に係わる異常分娩・流産・帝王切開などの出産で入院や手術しても、給付金が支払われません。

要するに、妊娠が発覚してから医療保険に加入し、
帝王切開や子宮外妊娠、子宮筋腫などの手術を受けても、入院給付金、手術給付金は支払われないのです。

また出産後医療保険に加入する場合、
過去5年以内に正常分娩以外の出産や異常分娩などによる手術や入院暦がある場合も特定部位不担保の条件が付きます。

例えば、1人目を帝王切開した後医療保険に加入し、
1人目の出産後5年以内に2人目を妊娠し切迫早産で入院した場合、入院給付金は支払われません。

このような理由から、結婚、出産前から医療保険に加入しておく必要があります。
妊娠・出産だけではなく、最近では若い女性の子宮筋腫や子宮頸がんが増加していますので、若い時期から医療保険に加入しておきましょう。

医療保険は結婚する前に加入することがオススメに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.