所得保障保険を徹底解説!医療保険とどう違うの?

独身女性が保険の加入を検討する際のポイントは、自分が生きていくための保険に加入することです。

自分が生きていくための保険と考えた場合、
1、 医療保険
2、 貯蓄性終身保険
3、 個人年金保険
4、 所得補償保険(就業不能保険)
があります。

その中でも今回は、普段あまり耳にしない所得保障保険について簡単に説明したいと思います。


所得保障保険とはどんな制度?

もし長期入院や長期療養となった場合、まず有給休暇を消費します。
それでも就業不能となった場合お給料が減ってしまいますよね。

私たちは毎月社会保険料を払っているため、長期就業不能となった場合傷病手当を受けることができます。

傷病手当は4日以上就業不能となった場合4日目から1年6ヶ月間、
お給料の日額の3分の2を受け取ることができるといった制度です。

3分の1のお給料は減ってしまいますが大変有り難い制度です。
ただし、国民健康保険の被保険者は、傷病手当を受け取ることはできません。

長期入院や長期療養となった場合、
想像外の出費もありますので3分の1の収入減は大きな負担になりますし、
精神的にも不安になってしまいます。そのような場合に役立つのが所得補償保険です。

病気や怪我などで働けない状態が続き就業不能となった場合、
保険金として契約時に設定した一定金額の保険金を毎月受け取れる保険と考えれば良いでしょう。

所得保障保険と医療保険との違い

医療保険と異なっている点は、医療保険は入院や手術をした場合に対し給付金が支給されるのに対し、
所得補償保険は医師が就業不能状態であると診断した場合、
入院中でも自宅療養中であってもその期間内は保険金を受け取ることができるといったメリットがあります。

デメリットは、補償期間が1~2年または5年ごとの自動更新で、
更新するたびに保険料があがってしまう点と受け取り条件が厳しい点です。

所得補償保険と医療保険をバランスよく組み合わせることがポイント

所得補償保険の必要性は賛否両論ですが、
医療保険と所得補償保険をバランスよく組み合わせることで長期入院や長期療養に備えることができます。

自営業やフリーランスで活躍している独身女性は、
傷病手当を受けることができません。

また、住宅ローンを抱えている独身女性にとって、収入減は大きな負担になります。
ご自身の現在の環境や状況によって所得保障保険を検討されると良いでしょう。

所得保障保険を徹底解説!医療保険とどう違うの?に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.