独身だからこそ老後についてしっかりと計画をしておく

昔はある程度の年齢になったら結婚をするという女性が多かったですが、
今の時代では独身のままいるという女性の割合が多くなってきます。

仕事をばりばりして結婚よりもキャリアを優先したいという人もいますし、
結婚したいけれども出会いがなくて独身だという人もいます。

若い内から準備をしておく

若いうちは自分一人の生活分を稼げていたら良いですし、
親と同居している人の場合にはそれ程経済的に不安を抱えることはないかもしれません。

しかし若いうちから老後のことをしっかりと考えて、
ある程度の備えをしておくことは必要です。

結婚している夫婦であっても老後のお金を考えると不安になりますが、
独身女性は男性の経済力に頼ることはできませんし、
自分が働いてそのお金を用意しておかなければなりません。

親の家があってそこに住み続けていくのか、
アパートの家賃を払い続けていくのかによっても違いますが、
親の家であってもリフォームなどが必要になる場合もあります。

アパートに住んでいる人は老後も賃貸暮らしをするのか早めにマンションを買って、
自分の住まいを手に入れておくのかも考えておきます。

介護など自分の老後について考えておく

介護が必要になった場合には介護サービスにお世話になったり
施設にお世話になったりということも考えられるので、
そのために備えもしなくてはなりません。

今の高齢者は年金がもらえていますが、
今の30代が同じような年になった時に今ほどの年金がもらえる保障もありません。

そういった中で定年退職する頃には、
2,000万円程度の蓄えはしておきたいものです。

今働いているところが退職金をもらえるところなのかどうか、
社会保険に加入しているかどうかなどによっても違いますが、
今が良ければという考え方ではなく、しっかりとしたところで働くことは大事です。

また退職した後も続けられるような趣味、
そして人間関係を持つことも大事です。若いうちは感じなくても、
年を取ると一人でいることに寂しさを感じることも増えていきます。

活き活きと老後を送るためには、自分の生きがいそして支えになる人が大事です。

独身という生き方も尊重されるべきですし、
今後もそういった人が増えてくると考えられますが、
老後についてしっかりと考えて準備しておくようにすることがお勧めです。

独身だからこそ老後についてしっかりと計画をしておくに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.