アラサー女性の保険はどう選べば良いの?賢く保険を選ぶ方法

保険を紹介する女性

皆さんは保険に入っていますか?

それはご自分が選んで納得して加入した保険ですか?
知人や親せきなどに薦められるままに加入して、
補償内容は把握していないという人もいるのではないでしょうか。

一口に保険といっても死亡保障、医療保険、がん保険、個人年金と様々種類があり、
それぞれに役割が違います。

今回はアラサー世代の保険について考えてみたいと思います。

死亡保障

契約者本人が死亡したときに、
遺族に支払われる保険です。

独身の女性の場合には、
あまり高い保険金は必要ないでしょう。

加入するとしても、お葬式代が賄えるくらい、
200万円~300万円の保障で十分ではないでしょうか。

医療保険

独身女性の場合には、
医療保障をメインに考えるとよいでしょう。

入院日額とがんや三大疾病、女性特約、先進医療保障などのオプションによって
月々の支払額が変わってきます。

自分のお財布事情と相談しながら、
どこまで保障を付けていくかを決めましょう。

また、年々入院日数は短くなっていく傾向にありますので、
入院何日目から保険金が下りるのかも確認しておきましょう。

定期か終身か

医療保険を大きく分けると保障が解約するまで
一生涯続く終身型と、期間が限定される定期型の2種類に分かれます。

終身型は、契約したときの保険料のまま上がらないので、
将来の設計が立てやすく安心です。

また、終身型は年齢が若いほど、安い保険料で加入でき、
その保険料がずっと続くので、
できるだけ若くて健康なうちに加入したほうがオトクです。

定期型は、更新時に保険料が上がり、
更新できる年齢に制限がある場合もありますが、
若いうちならば、終身型と比べると保険料が安いというメリットもあります。

将来的なことを考えると、終身型がオトクである場合が多く、
人気もありますが、今現在の収入が厳しく、
保険料を少しでも抑えたいという人は、定期型を検討するのも良いでしょう。

個人年金保険

アラサー世代が老後を迎える頃、
公的年金受給額がグッと減りますので、
公的年金だけで生活するのは難しいでしょう。

その不足分を補うのが個人年金保険です。

個人で貯金するのとは違い、
個人年金保険は税金面での優遇もありますので、
将来に向けて貯金を考えている人や、貯蓄に回す余裕のある人は、検討してみてください。

アラサー女性の保険はどう選べば良いの?賢く保険を選ぶ方法に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.